霊園探しのポイントは情報収集|安心して旅立つために

最後のお見送り

お焼香

親しい身内がなくなって残された親族は悲しみにくれますが、親族には最後の仕事があります。それが葬儀です。急に家族をなくした場合、何も葬儀などの用意をしていない場合には亡くなった病院が葬儀社を紹介してくれるケースもあります。しかし、病院が紹介してくれる業者はあまり評判がよくないようです。葬儀は大切な家族をお見送りする大切なセレモニーなので、業者選びで失敗しないように、ある程度の知識を身につけておきましょう。まず葬儀業者には大きく分けて2種類あります。全国展開している大手の葬儀社と地元で人気の小さな葬儀社です。大手の葬儀社のメリットとしては、やはり費用が安いプランが豊富というところでしょう。しっかりとした葬儀のノウハウを持っており、スムーズに葬儀を仕切ってくれます。また急な葬儀の場合でも、すぐに対応してくれるのが魅力です。しかしその反面、担当スタッフがその都度変わることもありますし、業務的な面も見えるため、不満の声もあるようです。一方地域密着型の小さな葬儀社は、フットワークが軽く親身に取り仕切ってくれます。またスタッフで物事を判断できるため臨機応変の対応ができる点がメリットです。しかし、人気の葬儀社は予約が多いと希望するときに利用できないということも多いようです。

また葬儀業者を選ぶときに大切なことは料金が明確かというところです。葬儀は基本的にプランごとに料金が設定されていますが、オプションで何でも追加して別途料金を請求してくる業者もいます。より良い葬儀を行なうために必要なオプションの追加は仕方ありませんが、追加するときにはきちんとこちらに確認をとるよう、事前に伝えておきましょう。